親御さん・お子さんも安心して通える歯医者を公開

>

虫歯を放置するとどうなるのか?

歯医者を途中挫折する理由

データによるとこれまで歯医者へ通院していた人の3割は途中挫折を経験しています。理由は様々ですが「歯医者の雰囲気が苦手」「いつ終わるのかゴールが見えない」といったものがほとんどです。

歯医者は大人になっても苦手意識を持っている方が多く、中々タイミングをつかめないというケースもあります。またお子さんがいると目を離せないので口腔内トラブルが気になるけれど、歯医者へ通えずにいるケースも多いです。

確かに歯医者へ行くだけなのに学童や保育園へ預けるのは気が引けますし、園によっては預かり拒否される事もあります。訪問歯科を提供している歯医者もありますが、ほとんどのところは高齢者や身体の不自由な方向けのサービスとなります。

周りの目が気になる

子連れで歯医者に通うのは気が引ける。そう口にする方は以外と多く、家庭環境が通院の妨げになっています。中には子連れで歯医者へ行くと他人の目が気になり、どうしても気遣ってしまうというケースもあります。ある程度の年齢であれば歯医者を含む医療機関で静かにする事は出来ますが、乳児や幼児だと難しいです。

普段行かない場所であれば興奮したり、泣き出してしまったりするケースもあるでしょう。治療中はお子さんに関われないので、待合室に放置しておく事も出来ません。ある程度大人がいると分かっていても、万が一トラブルが発生したら。そう思い歯医者への通院を挫折する親御さんもいます。

しかし口腔内はケアしなければどんどん悪くなってしまいます。